10年 腰痛に悩まされている私が「リョウシンJV錠」2ヵ月試した結果・・・オススメする理由

テレビショッピングの膝肩腰 1日1錠 飲んで効く リョウシンJV錠 お試しした体験談

10年以上腰痛に悩まされ続けてます。

・長時間デスクワークをした後、ショッピングなど歩き回ったあと、深酒をした次の朝、日課の朝のウォーキング(1時間)から帰って来た時に特に激しい腰の痛みを感じます。もう痛みが激しい時は最悪です・・。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

アンメルツヨコヨコ、メンタームQ軟膏、メンソレータムのラブなど、試してきました。関節痛や神経痛(坐骨神経痛)も出ている時は、アルドミンなども飲みます。
ただ、アルドミンなどの強い鎮痛剤の飲みすぎは危険やら常用はしないほうがいいと聞くので、このまま飲み続けるとヤバイな。と恐れも感じつつ飲んでます。
成分はサリチル酸グリコール、サリチル酸メチルなど

一時的な痛みを抑えるには効果があったが完治には至らず、体操や筋トレで原因になっている筋肉を治療するのが正しいと考えました。痛めている筋肉の治療に役立つような成分を含んだ商品を試してみたいです。

腰痛 関節痛 神経痛にリョウシンが良い理由

長年腰痛に悩まされている私が「リョウシンJV錠」をオススメする理由

若い頃から腰痛に悩まされている私ですが、気になる薬を見つけたので記事にしてみました。

内服薬で「リョウシンJV錠」。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

内服薬は効果があまり期待出来ない印象だったのですが、成分を詳しく調べていく内に、考えが変わりました。
テレビで、コレは良い!と一般の方がインタビューで答えているのを見て、即購入。デヴィ夫人や杉良太郎、澤穂希選手も愛用しているとか。
なんか、説得力あるな、と思ってしまいました。

以下、気になる効能についてまとめていきます。

リョーシンJV錠

腰痛の原因
腰痛の原因は主に、
・外傷(ヘルニア等)
・神経痛
・血行不良、凝り
・ストレス
・内蔵の病気です。

この内、外傷と病気由来の物はちゃんとお医者さんに診てもらって治療するしかありません。

問題は、残りの3つですね。
これは慢性腰痛の原因です。
外科の先生や内科の先生に言っても「あーはいはい、じゃあ湿布薬出しときますね。お大事に」としか言われないので、自分でなんとかするしかありません。
腰痛専門の先生が近くに居ればそんな事も無いんですけどね。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

 

湿布などの外用薬の限界

湿布薬は一時的に炎症を鎮めたり、痛みを和らげるのには役立ちますが、効き目が切れると痛みがぶり返すという欠点があります。
いえ、決して不要と言っているわけじゃありませんよ?
症状の悪化やギックリ腰等になるのを防いでくれるので、湿布薬を使うのはそれはそれで意味があります。
ですが結局の所、対処療法にとどまってしまう訳です。
その為、身体の外部だけでなく内部からも治療をする必要があるのです。

リョウシンJV錠の成分

私が気にするのは成分です。サリチル酸系の腰痛薬・マッサージ薬は効果あるのですが、インドメタシン系フェルビナク系は全く効かないので、お金が無駄になってしまうのですよね。
リョウシンJV錠の主な成分は以下の通り。

・シアノコバラミン
・ピリドキシン塩酸塩
・ガンマオリザノール
・トコフェロール酢酸エステル
・フルスルチアミン塩酸塩
・パントテン酸カルシウム

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

数が多いですが、効能から分類すると
神経痛を和らげる:シアノコバラミン、ピリドキシン塩酸塩、ガンマオリザノール
血行不良、凝りを改善:トコフェロール酢酸エステル
ストレス緩和・栄養補給:フルスルチアミン塩酸塩、パントテン酸カルシウム
の3つに分けられます。
上述の通り、これがまさに腰痛の原因なので「リョウシンJV錠」は効き目が期待出来ます。

もう少し詳しくリョウシンJV錠の成分を見ていく

シアノコバラミン
シアノコバラミンはビタミンB12の4つの誘導体の一つです。
誘導体については、小難しい事は置いといて身体の中でビタミンに変換されるぐらいの認識で良いと思います。
ビタミンB12は「肩こり、腰痛、神経痛、手足のしびれ」などに効果があります。
点眼薬などにも配合されてますね。

ピリドキシン塩酸塩
聞き慣れない名前ですが、ビタミンB6の事です。
こちらも「目の疲れ、肩こり、腰痛」に効きます。
アリナミンEXプラスαに配合されている、と言うと分かりやすいかも知れません。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

ガンマオリザノール
聞き慣れない成分名ですが、神経痛と血行促進に効き目があります。
腰痛・関節痛の薬に良く配合されてますね。

トコフェロール酢酸エステル
こちらも聞き慣れない名前ですが、ビタミンEの事です。
ビタミンEと言えば抗酸化作用で有名ですが、血行不良の改善にも効果があります。
腰痛薬のバンテリンにも配合されています。

フルスルチアミン塩酸塩
こちらもビタミンB1の事。
疲労回復薬に良く含まれています。
吸収が早いのが特徴で、効き目を早くしてくれます。

パントテン酸カルシウム
ビタミンB5の事です。
ストレス緩和に効能があります。
その他、血行促進や代謝を助ける効果があります。
腰痛薬のビタトレールEXPにも配合されています。

リョウシンJV錠 まとめ

これまで湿布薬を主に使用してきた私ですが、最近限界を感じていました。
腰痛の原因にまんべんなく効果のある成分を含み、
「神経痛を和らげる」「血行不良、凝りを改善」「ストレス緩和・栄養補給」に効き目のある内服薬「リョウシンJV錠」をおすすめします。
服用が一日一回で済むという点も、忙しい社会人には嬉しいポイントですね。
色々な成分が含まれてるので、腰痛以外にも「眼精疲労」「疲労回復」「肩こり」「栄養補給」の効果が期待できます。
それらの症状に悩まされている方は是非。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です