リョウシン

首、肩、腰の痛みに長い間悩んでいます。30歳頃からですから、もう20年強にもなります。

元々が運動不足気味で、趣味といえばパソコンに向かって調べものをしてみたり、TVゲームをしてみたりといった、長時間同じ姿勢を取るものばかり。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

仕事もデスクワーク中心でほとんど動き回ることがないので、腰から上が凝り固まり、慢性的に重たい、にぶい痛みを感じるという症状が続いていました。
そのような生活に、危機感は抱きながらも放置していました。ところが40歳すぎくらいから、その痛みが酷くなってきました。

腰と肩はにぶい痛みとともに、締め付けられるような痛みが増えてきました。首は寝違えたような痛みが続き、無理してパソコン画面を見続けると、目や頭まで痛くなってきます。
上半身の痛みは体全体のバランスにも影響があったようです。その頃から左足の膝関節に、痛みを感じるようにもなってきました。左足は10代の頃に事故で痛めたことがあり、その後は何もなかったのですが、上半身の酷使によって負担がかかってしまったようです。立ち上がるときや階段を登るときに、ズキッとする痛みがあり、ひどい時は左足を引きずり気味に歩くようにもなりました。

特に、首肩腰が痛くなるのは、
・姿勢を変えるとき。とくに首は急に動かすと寝違えたような痛みが続く。(首、肩、腰)
・階段を登るとき(膝)
・同じ姿勢が続いたとき(肩、腰)

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

膝、首肩、腰の痛み
首肩、腰はデスクワークやPC画面注視による凝りが原因、膝は若い頃の事故が遠因となっています。

バンテリンなどの塗布型鎮痛薬
粘着パッド式の電気マッサージ器
病院で処方されるロキソニン

バンテリンは効果も感じたが、匂いがちょっと気になった。
電気マッサージ器は使用時の効果はよかったが、1箇所ずつの利用で1回に20分近く使用するので、とにかく時間がかかるのが欠点。また、接続などが手間に感じました。
ロキソニンは痛み止めとしては優秀ですが、服用すると胃痛を感じることがあったこと、病院で処方してもらうので値段も高く、入手が面倒でした。

とにかく、上半身の凝りから解消しなくてはと思い、まずは軽い体操を心かげました。
とはいえ、腰を回そうとしても痛くて思うように動けません。そんな時に主に頼りにしたのは、バンテリンなどの塗る鎮痛薬です。患部に直接塗るので効き目が早そうですし、塗った直後はスーッとする感じもあり、痛みも和らぐような気がしました。

 

もう1つ、熱心に行ったのは、電気式マッサージ器です。粘着パッドを患部に貼り付けて、マッサージを行うという器具です。数千円から数万円まで多くの機種がありますが、安いより高い方が効果が高いだろうと、奮発してまあまあの値段のものを購入しました。
後はおすすめできる方法ではありませんが、病院で処方されるロキソニンを鎮痛薬として使っていました。病院で頭痛を訴えると処方されるので、多めにもらい持ち歩いていました。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

それらの療法はそれぞれ、それなりに効果はあったと思います。肩、腰、関節が完全に楽になったとはいえませんが、何とか仕事ができる状態、動ける状態は維持できました。とはいえ、それぞれの療法には、デメリット、マイナス面がありました。
バンテリンは朝、夜と2回塗布していました。首、肩、腰、膝など多くの箇所に使っていたのでは、すぐなくなってしまいます。また、湿布薬のような匂いがするため、周囲の目が気になります。電気式マッサージ器は、準備が結構面倒でした。コンセントをつないで、パットをつないで、患部に貼り付けてという手間がかかります。しかも、一度に使えるのはどこか一箇所なので、首、肩、腰と3箇所に使用すると1時間近くかかります。
また、バンテリンと電気式マッサージ器の共通の問題点として、皮膚への刺激もありました。乾燥肌でかゆみがひどいタイプだったので、あまり使いすぎると患部がかゆくなって仕方ありませんでした。
ロキソニンの痛み止め効果はさすがでしたが、使用すると眠気も感じますし、成分が強いためか、胃に負担がかかるような気がしました。今は薬局でも買えるようですが、当時は都度病院に行かねばならず、その手間も大変でした。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

 

あれこれと試した経験からいえば、手間のかかることは続けにくいと感じました。また、実際肩、腰に痛みを感じる年だとはいえ、周囲にそれを見せるのもいい気持ちではありません。塗り薬、湿布というのも衰えを喧伝しているかのようで、気恥ずかしいものがあります。
とすれば、効果のある飲み薬がベストだといえるでしょう。ロキソニンは鎮痛薬としては優秀ですが、効果も価格も高すぎます。また胃腸への負担も気になります。手軽に飲めて、胃にも優しい、お財布にも優しい、鎮痛薬があればぜひ試してみたいと思います。

そんな私がもっとも注目している製品がリョウシンJV錠です。1日1回の服用なら面倒くささもなく、気軽に続けることができます。

マッサージ器や湿布薬のように使用が面倒でないこと。
体に優しい鎮痛薬で、胃腸への負担がないこと。
購入が手軽で、価格も高価すぎないものをずっと探していて、やっとたどり着いたのが、富士常備薬品のリョーシンjv錠剤(良心、両親jv)

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

また、万能鎮痛薬のロキソニンと異なり、膝、腰など痛みの箇所を限定し、そこに効果的な成分を配合している点も、体に余分な負担をかけることがないのでは?と期待しています。薬を決めるときには効果と同時に副作用も心配です。ですが、社長さんがご自身の両親のためにと開発したリョウシンJV錠なら、体に負担のかかる成分や添加物などは限界まで控えられているのではないでしょうか。そんな薬なら、安心して試してみたいと思います。

10年 腰痛に悩まされている私が「リョウシンJV錠」2ヵ月試した結果・・・オススメする理由

テレビショッピングの膝肩腰 1日1錠 飲んで効く リョウシンJV錠 お試しした体験談

10年以上腰痛に悩まされ続けてます。

・長時間デスクワークをした後、ショッピングなど歩き回ったあと、深酒をした次の朝、日課の朝のウォーキング(1時間)から帰って来た時に特に激しい腰の痛みを感じます。もう痛みが激しい時は最悪です・・。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

アンメルツヨコヨコ、メンタームQ軟膏、メンソレータムのラブなど、試してきました。関節痛や神経痛(坐骨神経痛)も出ている時は、アルドミンなども飲みます。
ただ、アルドミンなどの強い鎮痛剤の飲みすぎは危険やら常用はしないほうがいいと聞くので、このまま飲み続けるとヤバイな。と恐れも感じつつ飲んでます。
成分はサリチル酸グリコール、サリチル酸メチルなど

一時的な痛みを抑えるには効果があったが完治には至らず、体操や筋トレで原因になっている筋肉を治療するのが正しいと考えました。痛めている筋肉の治療に役立つような成分を含んだ商品を試してみたいです。

腰痛 関節痛 神経痛にリョウシンが良い理由

長年腰痛に悩まされている私が「リョウシンJV錠」をオススメする理由

若い頃から腰痛に悩まされている私ですが、気になる薬を見つけたので記事にしてみました。

内服薬で「リョウシンJV錠」。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

内服薬は効果があまり期待出来ない印象だったのですが、成分を詳しく調べていく内に、考えが変わりました。
テレビで、コレは良い!と一般の方がインタビューで答えているのを見て、即購入。デヴィ夫人や杉良太郎、澤穂希選手も愛用しているとか。
なんか、説得力あるな、と思ってしまいました。

以下、気になる効能についてまとめていきます。

リョーシンJV錠

腰痛の原因
腰痛の原因は主に、
・外傷(ヘルニア等)
・神経痛
・血行不良、凝り
・ストレス
・内蔵の病気です。

この内、外傷と病気由来の物はちゃんとお医者さんに診てもらって治療するしかありません。

問題は、残りの3つですね。
これは慢性腰痛の原因です。
外科の先生や内科の先生に言っても「あーはいはい、じゃあ湿布薬出しときますね。お大事に」としか言われないので、自分でなんとかするしかありません。
腰痛専門の先生が近くに居ればそんな事も無いんですけどね。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

 

湿布などの外用薬の限界

湿布薬は一時的に炎症を鎮めたり、痛みを和らげるのには役立ちますが、効き目が切れると痛みがぶり返すという欠点があります。
いえ、決して不要と言っているわけじゃありませんよ?
症状の悪化やギックリ腰等になるのを防いでくれるので、湿布薬を使うのはそれはそれで意味があります。
ですが結局の所、対処療法にとどまってしまう訳です。
その為、身体の外部だけでなく内部からも治療をする必要があるのです。

リョウシンJV錠の成分

私が気にするのは成分です。サリチル酸系の腰痛薬・マッサージ薬は効果あるのですが、インドメタシン系フェルビナク系は全く効かないので、お金が無駄になってしまうのですよね。
リョウシンJV錠の主な成分は以下の通り。

・シアノコバラミン
・ピリドキシン塩酸塩
・ガンマオリザノール
・トコフェロール酢酸エステル
・フルスルチアミン塩酸塩
・パントテン酸カルシウム

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

数が多いですが、効能から分類すると
神経痛を和らげる:シアノコバラミン、ピリドキシン塩酸塩、ガンマオリザノール
血行不良、凝りを改善:トコフェロール酢酸エステル
ストレス緩和・栄養補給:フルスルチアミン塩酸塩、パントテン酸カルシウム
の3つに分けられます。
上述の通り、これがまさに腰痛の原因なので「リョウシンJV錠」は効き目が期待出来ます。

もう少し詳しくリョウシンJV錠の成分を見ていく

シアノコバラミン
シアノコバラミンはビタミンB12の4つの誘導体の一つです。
誘導体については、小難しい事は置いといて身体の中でビタミンに変換されるぐらいの認識で良いと思います。
ビタミンB12は「肩こり、腰痛、神経痛、手足のしびれ」などに効果があります。
点眼薬などにも配合されてますね。

ピリドキシン塩酸塩
聞き慣れない名前ですが、ビタミンB6の事です。
こちらも「目の疲れ、肩こり、腰痛」に効きます。
アリナミンEXプラスαに配合されている、と言うと分かりやすいかも知れません。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

ガンマオリザノール
聞き慣れない成分名ですが、神経痛と血行促進に効き目があります。
腰痛・関節痛の薬に良く配合されてますね。

トコフェロール酢酸エステル
こちらも聞き慣れない名前ですが、ビタミンEの事です。
ビタミンEと言えば抗酸化作用で有名ですが、血行不良の改善にも効果があります。
腰痛薬のバンテリンにも配合されています。

フルスルチアミン塩酸塩
こちらもビタミンB1の事。
疲労回復薬に良く含まれています。
吸収が早いのが特徴で、効き目を早くしてくれます。

パントテン酸カルシウム
ビタミンB5の事です。
ストレス緩和に効能があります。
その他、血行促進や代謝を助ける効果があります。
腰痛薬のビタトレールEXPにも配合されています。

リョウシンJV錠 まとめ

これまで湿布薬を主に使用してきた私ですが、最近限界を感じていました。
腰痛の原因にまんべんなく効果のある成分を含み、
「神経痛を和らげる」「血行不良、凝りを改善」「ストレス緩和・栄養補給」に効き目のある内服薬「リョウシンJV錠」をおすすめします。
服用が一日一回で済むという点も、忙しい社会人には嬉しいポイントですね。
色々な成分が含まれてるので、腰痛以外にも「眼精疲労」「疲労回復」「肩こり」「栄養補給」の効果が期待できます。
それらの症状に悩まされている方は是非。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

 

肩の痛みをとる サプリ デスクワーク

毎日のデスクワークで疲れいる体、夏場は特にエアコンが効いているため、血行が悪くなり肩こりも悪化。肩ゴリゴリのカチカチ。重だるくて痛いです。

本を読んでいる時、パソコンをしている時、車を運転している時、寝ておきた時などに時に痛みを感じ、運動するにも暑くてなかなか動く気にはなりません。
疲労には、お風呂に入ることも有効ですが、暑いとそれもあまり気持ちいいものではありませんね。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

これまでに、

アリナミンEXプラス
ロキソニンS外用薬
ガチラック
ボルタレンなどなど、、様々な薬やサプリを飲むも変化はなく、痛みも継続していました。

血行をよくする成分、リラックス効果がある成分、内臓に負担のかからない成分、体に優しく、胃が荒れない成分のものを探していたところ、テレビショッピングと新聞広告でよく見かけていた富山常備薬、リョウシンJV錠サプリを見つけました。

毎日お手軽に膝・肩・腰の痛みを軽減できるのが、
「リョウシンJV錠」です。
リョウシンJV錠とは?

辛い関節痛や神経痛に6つの有効成分が作用して、滞った血流を促進し、疲れた体に栄養を補給することで、辛い痛みを和らげてくれます。

飲み薬というと、毎回の食事際に忘れずに飲まないといけないと思いがちですが、こちらのリョウシンJV錠は、1日に1回3錠を飲むだけなので、日中薬を持ち歩かなければならないということもありません。
周りの人に薬を飲んでいる姿というのはあまり見られたくないものですしね。

1日1回であれば飲み忘れも少なく、継続して飲み続けやすいと思います。
薬一錠のサイズも大きすぎず、少し甘くて口あたりも良いので、飲みやすいのもいいですね。

また、リョウシンJV錠は、関節痛や神経痛を和らげるだけではなく、筋肉痛や眼精疲労を緩和する効果もあるので、家庭に1つあれば、普段体の痛みがない家族がいても、体が疲れていると感じたときに、手軽に飲むこともできます。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>

肝心のリョーシンjvサプリの効果ですが、飲み始めて1週間ほど経過すると、肩コリにずっと悩まされていたのが、少し肩が張る感覚が軽減してきました。
今までちょっとでも腕を挙げる動作をすると痛かったのが、少しずつスムーズに動かせる範囲が広がっていくようになりました。
痛みがなくなった分、動かすことが楽しくなり、毎日腕を回したりするストレッチなどにも取り組むようになりました。
それが良かったのか、リョウシンJV錠の効果に加えて、運動を取り入れることで、今ではほとんど肩まわりの痛みも忘れて、普段の生活も楽になりました。
肩が軽く、あの嫌な重だるさは一切なし。
肩の調子がいいと体全体も体が軽くて、なんでも頑張ろう!と気持ちが明るく前向きになったことには、自分自身が一番驚いてます。

【リョウシンJV錠】今だけ半額>>

リョウシンJV錠をきっかけとして、運動ができるようになり、運動をするようになった結果として、痛みを軽減させることが
できたのです。
リョウシンJV錠は、巷で売られているサプリとは異なり、医薬品という扱いです。
医薬品は、国からその効果効能が認められている商品となるため、ある意味効果が正式に認められているということです。

ふらつきや下痢などの副作用が起きる人もいるようですが、薬があまり得意ではない私でも全く問題はなかったので、基本的に心配することはないかと思います。

気になる値段ですが、1箱31日分93錠で、通常価格3800円のところ、初回限定価格1900円で購入することができました。

【リョウシンJV錠】今だけ半額>>

まずは、お試しということで購入しましたが、これからも継続して飲んでいきたいと考えております。
体の痛みがなくなってからも家に常備しておき、体が疲れたな、目が疲れたなと感じたときに飲むという使い方をしても良いかもしれません。

また、両親へのプレゼントとして購入しても喜ばれるのではないかと思います。
年を重ねてくると、多くの人が関節痛などに悩まされ、階段の上り下りや、重たい荷物を運ぶことが困難となってきます。
痛みの症状が現れる前に少しずつ飲み始めておいても良いかもしれません。


どんな薬でも自分の体に合う合わないがあるかと思うので、必ず様子を見ながら飲むようにしてほしいと思います。
健康な体は楽しく豊かに暮らしていく上でなくてはならないものです。痛みから引き起こされるマイナスな気持ちは、精神的にもダメージを受け、悪循環になってしまいます。
体の痛みから解放されることで、今まで体が痛いからという理由でチャレンジできなかったスポーツやレジャーなどにも挑戦することができるようになります。
まずは、お手軽に始められるところからスタートしていきましょう。

▼TV・新聞で話題!!▼リョウシンJV錠 半額お試し>>